ttl_topics_bg.jpg
home_topics_ttl.png

2016年12月12日

那須高原で「ヒルクライムに挑戦!」(前編)



今回のチャレンジは自転車です。アンニュイな気持ちで引き受けたら自爆しました。



出発場所は那須町役場の目の前にあるレンタサイクルショップの「那須ブラーゼン」さん。



こちらは「那須ロングライド」を主催するプロのサイクルロードレースチーム「那須ブラー

ゼン」が那須町より委託を受けて営業されています。



バイクの種類も豊富。ロードバイクからクロスバイク、子供用のバイクまで揃っています。



本日、ライターがお借りしたバイクは左側のロードバイク。国内メーカーのブランド

「BOMA(ボーマ)」。何と車体の殆どがカーボン素材、片手で持ち上げられるほど超軽量で

す。



レンタル料金にはヘルメットも入っています。先ずは安全第一。



ショップにはオリジナルのTシャツも販売。写真左上のかっこいいウエアを試着したら渡

辺直美のビヨンセになったので断念!



那須町は町全体で自転車レースやサイクリングをバックアップしています。



今回の目標はHEIWAGO NATURE FIELDまでの完走。那須ブラーゼンのスタッフさん曰

く、「僕ならいつも1時間30分くらいで上りますよ!」



さあーて、HEIWAGO NATURE FIELDに向け出発です!

ライターは小3の夏に初めて買ってもらった自転車で、地元の「地獄坂」という最大斜度

35度の急坂をノンブレーキで同級生の加藤君の家に突っ込んだ事があります。

最近透け感を出している流行りの髪型ですが、後頭部にはその時の傷跡がはっきりと残っ

ています。



走り始める事約10分。早くもちょっと足を止めてみました。



何と道路脇の用水路にカマツカらしき小魚の群れを発見!

こんなところでも那須町は水がキレイな証拠です。



その用水路の脇で本日の天候を撮影。青く透き通ったサイクリング日和です。



那須高原のブランド米「なすひかり」発見。ちょうど刈り入れが終わった時期です。



国道4号線を横切るときに可愛らしいおばあちゃんに遭遇。

お花をネコ(一輪車)にいっぱい乗せて横断されていました。

チリ。



ここまでは何の疲労感もなく気持ちよくロイヤルロードに突入です。

もはや、HEIWAGOまで1時間を切るんじゃない?って感じです。



ここでは那須連山のダイナミックな景色を望みます。

一番左端の山裾(黒尾谷岳)がHEIWAGOです。



少し走ると那須高原らしい風景、ロールベールラップサイロ(牧草)がお行儀よく並んでい

ました。思わず何かペインティングしたくなります。



こんな原風景も那須高原の一コマ。太陽が気持ちよくライターを応援してくれています。



正直、色んな風景に足が止まってしまい中々前へ進みません。



ふと橋の欄干から下を覗くと湿地が拡がっていました。



季節が良かったせいでしょうか。アシ?ヨシ?のような綿毛を着けた何か?が群生していま

した。誰か教えてください。



東北自動車道が見えてきました。



高架をくぐるとその先には樹々のトンネルが待ち受けています。

ここまでの所要時間は約1時間。今回は前後編に分けてお送りいたします。

1,800万円

Knuckle head

羽鳥の雄大な山並みを望むガレージハウスユニット

1000万円

Mr.Hagrid

鮮やかな葉をつける木々の中に佇むCozyなウッドハウスユニット

1,250万円

Light Room

やわらかな木々の影が揺らめくライトカラーのレンガブリックの外壁が印象的なユニット。

1,580万円

Audrey

森の澄んだ空気と野鳥の奏でる美しい唄声が似合う那須高原マウンテンヴィラ

最新の販売物件はこちら↓