ttl_topics_bg.jpg
home_topics_ttl.png

2016年4月26日

■タイトル まるで「A River Runs Through It」



那須高原の別荘フィールド「HEIWAGO NATURE FIELD」から車で約30分。そこはアン

グラーにとってパラダイなビッグフィールドでした。



もうすでにゲートからしてNATUREアメリカンです。ここに乗り込むならジープラングラ

ーのアンリミテッドサハラがドンピシャです。



ここは国内最大級の養魚場「林養魚場」さんが経営する「那須白河フォレスト-スプリング

ス」です。



3つの大ポンドとシャローエリアからなる管理釣り場。設計監修はザ・フィッシングでメイ

ンキャスターを務めたあのテツ西山さんです。



西山さんのイメージコンセプトは「木漏れ日の中で、小鳥の声や風の香りに包まれながら、

のんびりとライズを楽しむスモールレイク・・・・」まさに北米のNATURE FIELDのよ

うな映画『リバー・ランズ・スルー・イット』のワンシーンを彷彿させます。



こんなスペシャルな自然環境も驚きです。釣り場の脇には清流の黒川が寄り添うように流

れ込みここが管理釣り場であった事を忘れてしまいます。



フォレストスプリングスで(以下FS)はこの黒川の清流をファーストポンドに先ずはダイ

レクトに取り込みます。



その生物資源豊富な清流を各ポンドへ自然流下させます。ポンドの水には水生昆虫や小魚

などトラウトのエサもたっぷりと兼ね備えています。



この集水桝で人工物を取り除き。。。



そして黒川の本流に帰る。なるほど、この自然な循環が元気なビッグフィッシュを育むのだ

と勉強させられました。



サードポンドでローカルのフライフィッシャーマンが「フィッシュ・オン!!!」



かなりの大物です。これからトラウトとのタイマン勝負です。



取り込みも慎重です。



ネットイン!



ファイトする事約8分。キャッチしたのは約70㎝のドナルドソントラウトでした。。。

頬を紅潮させたアングラーに聞くと「いやいや、これはアベレージサイズ、、、1m級がいる

よ」と興奮気味に話してくれました。



FSではクラブハウスのランチも秀逸。建物のデザインもアメリカンです。



何といっても国内最大の養魚場「林養魚場」さんの直営なのです。貴重なメープルサーモン

や新鮮なトラウトを使ったアメリカンなメニューが並びます。



レジ横のショーケースを覗くと何ともアンティークで可愛らしいルアーが。



その横にはクラシカルなフライリールも販売されています。こんな素敵な道具たちでビッ

グフィッシュを釣り上げてみたいものです。



この専門誌は無料でお持ち帰りして下さいとの表記が。太っ腹です。



うんまいランチをいただきファーストポンドを覗いてみました。



そこに拡がるのは水深1.5mのルアーエリア。あのドナルドソンを釣り上げたアングラーか

らルアーならあの中央の岩を狙えとアドバイスされていました。



ちょっとFSさんからレンタルしたルアータックルで投げちゃいましょ。。。

「トリャッ!」

ありゃりゃ~ フィッシュオンしちゃいました。。。



すみません、、、左手にタックル、右手に一眼レフ???

どっちを犠牲にしようか迷ってたらこんなに画像がブレブレ。この魚体は美しいレインボ

ートラウトです。ムニエルにしたら旨そうな推定40㎝をキャッチ&やむなくリリース。



子供向けのシャローエリア。



エッ こんなに広いのですか。そのうえ水の澄んでる事。湖面に広葉樹が映り込んでいます。



こんなに広いアウトドアフィールドでもきちっと分煙されています。



各ポンドに放流されている魚種は何と12種類。養魚場さんならではの驚きの多種です。北

海道に生息する幻のイトウも放流されているとの事。サクラマスを始め貴重で美味しい魚

種ばかりです。



釣り場のルールも非常に分かりやすく明確に書かれています。



ウイークデーなのですが、おばあちゃんとお孫さんのこんな素敵なツーショットにも出会

えました。お二人ともアングラーズファッションできめています。おばあちゃんがチャーミ

ングです!




5月中旬までFSでは水仙まつりをやっています。これからポンドの周りには一面に水仙の

花が咲き誇ります。




これからがFSの本番です。一番釣れる時期は4月中旬から5月下旬とのことです。

これもあのローカルアングラーからの耳寄りな情報です。




FSではルアー、フライのタックルから全てレンタルできますので初心者の方でも気軽に楽

しめます。




何とも国内では見たことがない大自然と一体になった管理釣り場。

ライターも那須高原「HEIWAGO NATURE FIELD」から車で約30分のところにこんな素敵なアクティブフィールドがあるとは思いませんでした。

アウトドア用のマクラーレンチェアーに座ってのんびりと、お腹が減ったらクラブハウスでメイプルサーモンバーガー、釣り上げた驚きのサイズのトラウトを別荘に持ち帰って奥さんに自慢しながらクッキング。旨し!!!

これ本当に貴方が釣ったの?「いや、那須の魚屋さんで買ったのだよ!」

うそぶいてもFSのフィッシングなら許せます。1年間ほぼ無休で楽しめるFSがこんな近くにあると幸せです。是非この機会に訪れてみてはいかがですか。

1,800万円

Knuckle head

羽鳥の雄大な山並みを望むガレージハウスユニット

1000万円

Mr.Hagrid

鮮やかな葉をつける木々の中に佇むCozyなウッドハウスユニット

1,250万円

Light Room

やわらかな木々の影が揺らめくライトカラーのレンガブリックの外壁が印象的なユニット。

1,580万円

Audrey

森の澄んだ空気と野鳥の奏でる美しい唄声が似合う那須高原マウンテンヴィラ

最新の販売物件はこちら↓